2007年5月20日 (日)

クラブの本気度

5月23日(水)夜、ACL:シドニーFC戦、決勝ラウンド進出がかかったクラブ史上最も大切な試合のひとつだ。

この決戦を前に、都内で働くファンのために、クラブは東京発埼スタ行きのバスを用意してくれる(浦和オフィシャル)。

ACL参戦に当たっては、クラブとファンの連携面において、川崎Fが素晴らしい対応(アウェイ現地情報の迅速な提供、バスチャーターなど)を見せていた。ファンの規模の違いはあれど、そうしたクラブとファンの近さは正直羨ましかった。だが、今回の我がクラブの英断には心から賛辞を送りたい。

West Ham Unitedは残留のかかったWigan戦(アウェイ)で、アウェイに遠征する全てのファンのために無料バスを用意した。残留にかけるクラブの意気込みが伝わってくるニュースだった。

今回の浦和のバスチャーターは初めての試みのため、どのくらいの人が集まるかなど手探りの面も多いだろう。ただ、クラブがこうしたアクションを起こしてくれることで、いかにクラブが本気でACL決勝進出を目指しているかが伝わってくる。あとは俺たちが頑張って、2004年チャンピオンシップのような雰囲気を作り出そう!

Here We Go to the Night!!!

※いつも遠くから吠えてばかりで、現地に行けず申し訳ないです・・・試合時間中はユニ着てます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

ACL:上海申花-浦和

25 April 2007,16:00, ACL: Shanghai Shenhua - Urawa Reds

在上海総領事館から注意事項も発表された。本物のアウェイが待っている。

浦和系ブログを見ると、軒並み「出発しました!」のコメント。なんと頼もしいことか。今回の遠征は、選手はもちろんサポーターの経験値も大きく上げてくれるだろう。

旗も段幕も没収されるかもしれない。1万人の軍隊に囲まれるかもしれない。

それでも、いつも通りの圧倒的サポートをよろしく!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

「俺たちの」チャンピオンズリーグ、開幕!

P1020670_1

ヨーロッパではUEFA CLベスト16セカンドレグが開催(写真はChelsea-Porto)。

ファン・メディアの注目度、洗練された演出、試合のクオリティ、どれをとっても地域イベントとしては世界最高のイベントとなったCLだが、半世紀前にヨーロピアンカップを創設したとき、どのくらいの人がここまでの成功を予測しただろうか。

翻ってアジア。現在、ACLの注目度は限りなく低い。しかし、世界の人口の六割を抱えるアジアンマーケットのポテンシャルは計り知れない。半世紀後(俺らが死ぬときくらいかな?)、ACLが世界のビッグタイトルになっていないと誰が断言できるだろうか?

**********

今日、2007年3月7日は、我が浦和が本気でACLに初挑戦する日である。

この日は、浦和史はもちろん、将来ACLが大きな注目を集めるようになったとき、その大きな転機になったとして語り継がれる日になるだろう。

クラブも努力してキックオフを30分遅らせてくれた。みんな仕事で忙しいだろうけれど、この記念すべき日に、ひとりでも多くのファンに埼スタに足を運んで欲しい。

J2時代に各地のスタジアムをどよめかせた浦和の声を、今度はアジアに轟かそう。

Bw_1

浦和の優勝をこの目で見届けられなかったのと同じくらい、いやそれ以上に、浦和のアジア初進出を見ることが出来ないのが残念でならない。遠く海外から浦和の快進撃を祈ります。

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

そしてアジアへ

天皇杯連覇! そしていよいよアジアへ

その先にある世界を獲る日まで We are REDS!

 

125pxflag_of_germanysvg  

... und Danke schoen Guido Buchward!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

アレよ、本当にRed Bullに行くのか?

2月のBull's Cupへの正式参加表明、アレックスの移籍話などが出て来たので、Red Bull Salzburgについて触れてみたい。

既に、11月の時点でMASA-NETさん情報によりBull's Cup参戦を把握していたので、Red Bull Salzburgがどんなクラブか気になって調べていたのだが、ファンにとっては相当議論のあるクラブのようである。

**********

そもそもRed Bull Salzburgというクラブ名は、Red Bullのオーナーが1933年創設のSV Austria Salzburgを2005年に買収して改名されたものである。

Red Bullは、最近日本でもセブンイレブンでのみ販売されるようになった同名のスタミナドリンクメーカーである。欧州におけるRed Bullのシェアは、対抗商品が存在しないことから、ほぼ独占状態と言って良い。他に選択肢がないから俺もよく飲んでる。同社はF1を始めとして、特にXスポーツ系のスポンサー活動を積極的に行い、若者の間で不動の人気を確立している。

**********

現在の欧州サッカーは、UEFA CLの商業的成功により魅力的な投資対象となっており、有名クラブが買収されるケースが相次いでいる。ビッグマネーの登場は、有名選手の獲得、メディアへの露出、ファンの拡大、スタジアムの改築を実現し、欧州サッカーの更なる活性化へと、もたらすものは多い。

ただし、問題はクラブの浮沈に関わらず長年クラブを支えてきたファンがそこに介在しているかどうかである。Red BullによるSV Austria Salzburgの買収はそうではなかった。新チーム創設に当たり、

  • UEFA CUPファイナリスト、数々のナショナルタイトルを持つ70年以上のクラブ史を白紙にした(当初、新クラブは2005年設立であり、過去の歴史は持たないと公式に表明)
  • 伝統のチームカラー(薄紫・白)をRed Bullカラー(赤・白)へと変更
  • エンブレムを変更

というファン心理を無視した改革が行われた。もちろんファンは抗議活動を開始し、欧州全で他チームのファンからもサポートを得ていたが、結局抗議活動は実らなかった。

結局、旧クラブに忠誠を誓うファンは独自にSV Austria Salzburgを旧クラブ名・旧カラー・旧エンブレムで立ち上げた。現在同クラブはオーストラリア7部で活動中である。

**********

公平を期すために触れておくべきなのは、低迷していたクラブに不満を持って抜本的な強化を望んでいたファンもいたということ。それらファンは新チームのRed Bull Salzburgを前クラブから引き続いてサポートしている。

Red Bullは同様の買収劇をMLSのRed Bull New Yorkでも行っており、似たようなクラブ改変は他にも見られる。

果たして、クラブの危機に際して、クラブ名・チームカラー・エンブレムといったアイデンティティーを捨ててまでクラブの改変を支持できるか?俺には絶対に出来ない。

**********************************************

などと書いているうちに、アレ移籍確実の報道が。。。

選手からすると魅力的なオファーだろうし、バリュー・フォー・マネーを考えるクラブのことだから、アレを戦力として見ているというのは事実だろう。ACLのことを考えると残念でならないが、移籍金をクラブは有効に使ってくれるよう期待したい。

今までありがとう、三都主アレサンドロ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 2日 (土)

We finally made it !!!

We are the champions!!!

We are REDS!!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年12月 1日 (金)

ファイナル:G大阪(ホーム)

Act_4 明日の大一番、浦和レッズとファンにとって、創立以来一番重要な日となるその時を一緒の空間で過ごせないことは、分かってはいたことだが、とても残念でならない。

同様に残念なのは、どれだけ浦和の街が盛り上がっているかを実感できないことだ。

確かに海外のビッグカードの際のファン・メディアの盛り上がりは大変なものだが、街全体で大一番を迎えるという感覚をあまり体感したことがない。盛り上がりの中心は、生まれたときからそのクラブをサポートしている(することを運命づけられた)ファンにとどまる。

それに対して浦和では、街としての盛り上がりを実感することができる。タクシーに乗れば運転手が、お店に入れば店員が、何かと浦和の話をしてきてくれる。浦和はコアなファンだけでなく、その周りにいる無数の暖かい目に支えられている。これは、一部の狂信的なファンと全く無関心or眉をひそめる人たち、という海外でよくある関係とは全く異なる。

今、浦和は日本独自の新しい形の地元密着を実現しつつある。もちろん、クラブ・サポーター有志の地道な努力によるところが大きいだろう。この新しい形のクラブ愛を早く世界に知らしめたい。そのためにも、明日は必ずJチャンプになって、来年アジアへと羽ばたくべきだ。

明日こそは、長い間寝かせていた「浦和の涙」を開けたい。

We are REDS!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

決戦の日: FC東京(アウェイ)

Act_3

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一のサポーター達へ、

チケットが無くても、スタジアムにいなくても、浦和を愛していることには変わりない。

何十年も後に、浦和の初タイトルの瞬間、浦和をサポートしていたということが誇れる時代がきっと来る。

その瞬間を楽しもう!

We are REDS!!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

ファイナル3:甲府(ホーム)

Act_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームで圧倒する、ただそれだけ。

We are REDS!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ファイナル4:名古屋(アウェイ)

Act_1 XデーはFC東京戦あたりかもしれない。しかし、ここまで来たら残り試合はカップ戦と同じだ。目の前の試合を勝ち続けるしかない。

俺たちはタイトルを獲るにふさわしいクラブになった。世界に出しても決して恥ずかしくないクラブになった。そして、来年アジアに大きなインパクトを与えるためにも、俺たちはJリーグ・チャンプにならなくてはいけない。

俺たちは十分に成長した。だから、クラブもサポも2002年のナビ・ファイナルの時のように浮き足立ってはいない。今は目の前の戦いに集中できる。

名古屋には苦手意識があるのは否定できない。しかし、今シーズンを通して戦ってきたクラブ・サポには、もはや過去のジンクスなど通用しないくらい浦和が勝負強くなっていることが分かっている。

地球の裏側にいる俺にできることは、試合時間にユニを着ていることくらい。既に、名古屋へと旅立った同士に思いを託します。

WE ARE REDS!

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)