« CHELSEA 1 - 1 EVERTON | トップページ | クラブの本気度 »

2007年5月17日 (木)

ブックメーカー

何でも賭けの対象にしてしまうこの国、街の至る所にブックメーカーを目にする。土曜日にはFA Cupファイナルというビッグゲームが控えていることもあり、遅ればせながら試してみた。

4大ブックメーカーWilliam Hill、Ladbrokes、Coral、ToteSport(Bet24として複数のシャツスポンサーになっている)のうち、近くにあったCoralへ。写真は撮らなかったが、お店の中は意外にも明るくて清潔。競馬・サッカーその他の中継用のTVがずらりとならぶ。

専用のシート(今回はFA Cupファイナル用)に印刷されている様々な賭け方の中から好きなところを選んでチェック、掛け金も自由。

totoとの大きな違いは、賭け方のバラエティの豊富さだろう。今回のCoralであれば、最初のスコアラー、勝ちチーム、両者の組み合わせ、に分かれている。

070517bm1

今回チャレンジしてみたのは、勝利チーム。新生ウェンブリーで初めてのFA Cupファイナルということで派手な試合を期待して、Chelseaの2-1/3-2勝ちにベット。オッズはそれぞれ9-1/28-1、つまり10倍/29倍ということになる。

記入したシートをレジで定員に渡し、支払いをすると、レシートがもらえる。

070517bm2

今回は£10ずつ賭けたので、Chelsea2-1ManUの場合は£100、Chelsea3-2ManUの場合は£290を手にすることになる。

賭け方が豊富で、リターンもそれなりなので、やってみるとtotoよりもはるかに面白い。サッカーであれば、たいていは1点差の勝負になるので、勝利予想に手堅く賭けることもできるし、スコアラーとのダブル予想で大きな賭けにでることも出来る。例えばDrogbaのスコアでChelsea1-0の場合30倍。

法律で胴元を指定して規制する日本のギャンブルと違って、この国では免許制ということもあり、ビジネスとして高度に発展している。デリバティブなどの金融商品が発達するわけだ。シーズン終了間際にトライしたのは正解だったかもしれない。これは嵌ってしまう。

 

|

« CHELSEA 1 - 1 EVERTON | トップページ | クラブの本気度 »

コメント

悪魔の誘いを返された気分だよ…。今期のCFCに一番あり得るドロ1-0マンUが×30か…。やばいなぁ、これは。

投稿: GD | 2007年5月21日 (月) 01時54分

 チェルシー優勝でしたが、1-0でしたね、はずれですか?カップとってファンは大騒ぎだったんでしょうか?

 英国のブックメーカーのシステムは日本と成熟度が違いますね。日本では先日はtotoで1等7口、一口6億弱が出たみたいです。予想しなくて良いから人気が出るというのもおかしな話ですよね。

 どうせ普段はゲーム観てないおばちゃんが当てたんでしょうが。

投稿: Tiangang | 2007年5月21日 (月) 14時56分

>GDさん
もう一年ロンドンにいる人のことを考えないエントリでしたw 是非来季は毎試合トライしてください。Chelsea1-0でOKなんだから楽だよねw

>Tiangangさん
残念ながらハズレでした。大舞台の決勝、一番堅いドログバで1-0に賭けておくべきでした。ちょっとトライしただけですが、賭け口が豊富で楽しいですよ。サッカー好きほど嵌ると思います。

その点totoは他のロトとの差別化が出来てないんじゃないでしょうか。せっかくサッカーを対象としているのに。そもそも独法がやるのに無理があるんじゃ・・・

投稿: gers | 2007年5月23日 (水) 03時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/6475836

この記事へのトラックバック一覧です: ブックメーカー:

« CHELSEA 1 - 1 EVERTON | トップページ | クラブの本気度 »