« CHELSEA 1 - 0 MAN UTD | トップページ | オールドファームとは何か?(その2:ベルファスト) »

2007年5月25日 (金)

オールドファームとは何か?(その1:オールドファームと北アイルランド問題)

世界で最も激しいダービーと言われるオールドファーム。その激しいライバル関係はカトリックとプロテスタントの宗教対立に根ざすと言われている。

Oldfirm001

たしかにそれは事実であるが、特定の信仰を持たない日本人にとっては、そもそも宗教が持つ意味、そして異なる宗教による対立がどのようなものか実感として理解し難い。

Oldfirm002

2年間Rangersのシーチケホルダーとしてオールドファームを計4回見る機会に恵まれた。

最初は熱狂的な雰囲気に圧倒され、単純に「凄い!」と思うだけだったが、スタジアムで歌われるチャントの内容や試合を取り巻く環境を知るにつれ、次第に試合を楽しむよりも、むしろスタジアムで見られる両ファンの憎悪に正直嫌気がさしてくるとともに、(自分が当事者でない事による)居心地の悪さを感じるようになってきた。それでも試合は見に行ったが。

**********

BBCが2005年に放送したオールドファームを取り巻くドキュメンタリー、「Scotland's Secret Shame: Sectarianism」という番組がある。グラスゴーで対立する宗教コミュニティと2大クラブ、それによって引き起こされる殺人などの凶悪犯罪について正面から取り組んだ非常に意欲的な番組である。番組はYouTubeで見ることが出来る(計40分、英語、訛りのきつい英語も入るので、もし関心があればどうぞ。BBCサイトにスクリプトもあり。)。

番組に出てくる「Sectarianism(セクタリアニズム)」という言葉。特定の宗教を支持するグループ同士の対立・抗争・差別行為を表している。このSectarianismという言葉がオールドファームを理解するキーワードである。

**********

番組中、スコットランドの歴史学者が説明するように、グラスゴーの問題はアイルランド島北部の種族対立がスコットランドへの入植者によって、特にグラスゴーを中心とする西部に持ち込まれたものだ。したがって、北アイルランド問題について理解する必要があるだろう。

北アイルランドのプロテスタント系ユニオニスト(Unionist:英国連合支持者)又は、ロイヤリスト(Loyalist:英国王室・英国連合に忠誠を誓う人たち、ユニオニストとほぼ同義)は、英国連合、つまりイングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの4連合を維持すべきだと考えている。

一方、カトリック系ナショナリストは、北アイルランドが英国連合から離脱して、アイルランド共和国に戻るべきだと考えている。

両者の対立は、歴史的には以下のような推移をたどる

  • 12世紀以降、時に残酷な英国によるアイルランド支配に対し、数々の抵抗運動が起こる
  • 1916年、イースター蜂起(ダブリンでの武装蜂起)、その後、内戦状態に
  • IRA(アイルランド共和国軍)の活動が始まるのはこのころ
  • 1921年、英愛条約調印、南部26州が独立したのに対し、北部アルスター6州は英国に留まる(現在の北アイルランド・アイルランド共和国の姿に)
  • その結果、北アイルランドではマイノリティのカトリック教徒は、様々な社会的差別を受ける
  • 60年代後半、米国に始まった公民権運動の高まりを受けて、プロテスタントへの抵抗活動が始まる
  • 英国軍が投入され、IRA暫定派(Provisional IRA:実力行使を思想とするIRAの分派)との抗争が激化
  • 北アイルランドと英国本島で爆弾・銃撃活動にでるPIRAに対して、ロイヤリスト・グループ、特に英国軍のバックアップを受けた準軍事組織によるカトリック住民への報復が行われ、抗争は90年代まで続く
  • 情勢悪化により、北アイルランド政府はロンドンの直接統治下に
  • 90年代に入り、対立する政党、英国・アイルランド政府間による交渉が始まる
  • 1998年、グッドフライデー合意(後日、国民投票で支持される)、準軍事組織の武装解除、両コミュニティの代表による北アイルランド政府の共同運営が決定
    (参考:BBCサイト

北アイルランド問題というと、日本ではメディアのフィルターを通した結果、IRAによるテロ活動の印象が強いが、この問題はどちらにも偏らない両者の対立構造の理解が必要である。BBCもバランスの取れた報道に留意している。

そして今月8日、ロンドンの統治下にあった北アイルランド議会の自治権委譲がトップニュースで流れた。頓挫していた北アイルランド議会の共同運営が対立政党の合意に至ったのである。この歴史的な合意に、トニー・ブレアとバーティ・アハーン(アイルランド共和国首相)もストーモント(北アイルランド議会)入りした。北アイルランドの政治問題は、解決へ大きな一歩を踏み出した。

**********

深刻な対立の時代を経て、北アイルランドは和平への道を進んでいるが、オールドファームやBBCのドキュメンタリーに見られるような深刻な対立は、住民レベルではどうなのだろうか。内戦が起こった北アイルランドとはどんなところなのだろうか。

ということで、北アイルランドに行ってきた。

続きは、明日。

 

|

« CHELSEA 1 - 0 MAN UTD | トップページ | オールドファームとは何か?(その2:ベルファスト) »

コメント

【暴 露】奥 菜恵 タ トゥ ヌ ー ドで芸 能 界 復 帰!!
“魔 性の女”奥 菜 恵が衝 撃 的な自 叙 伝を引っさげて芸 能 界に復 帰する。


http://redspine.blogspot.com/2008/04/blog-post.html

う わ さの押〇学とのニ ャン ニ ャン写 真を自ら認める内容に、ヌ ー ド写 真まで掲 載されている。
当 時、週 刊 誌では写 真しか掲 載されていなかったが、実は奥 菜 恵のフ ェ ラ・八 ×動 画も同じ頃に流 出していた!!


http://redspine.blogspot.com/2008/04/blog-post.html

一部では、本 人が流したとされた画 像。そしてその裏には映 像まで・・・・
第2の石 原真 理 子にならなければいいが・・・

投稿: 【暴 露】奥 菜恵 タ トゥ ヌ ードで 芸 能 界 復 帰!! | 2008年4月28日 (月) 08時03分

I had got a desire to make my own commerce, nevertheless I did not have enough amount of cash to do that. Thank goodness my close mate suggested to use the credit loans. Hence I used the commercial loan and realized my desire.

投稿: FloresValarie27 | 2012年1月29日 (日) 02時41分

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株の選び | 2013年6月18日 (火) 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/6560045

この記事へのトラックバック一覧です: オールドファームとは何か?(その1:オールドファームと北アイルランド問題):

« CHELSEA 1 - 0 MAN UTD | トップページ | オールドファームとは何か?(その2:ベルファスト) »