« RANGERS 2 - 1 HEARTS | トップページ | ACL:上海申花-浦和 »

2007年4月22日 (日)

NEWCASTLE 0 - 0 CHELSEA

22 April 2007, 13:30, Barclays Premiership: Newcastle United - Chelsea

土曜日はエジンバラで泊まり、日曜朝ニューカッスルに向けて南下。目的はChelseaのアウェイゲーム観戦。チケットは毎度ながら友人のChelseaシーチケホルダーに手配してもらった。

ニューカッスルという土地は、日本で映画「シーズンチケット」を見て以来、憧れのような思いを抱いていた土地だった。

映画は、地元のクラブNewcastle Unitedの大ファンの子供達がシーズンチケットを何とか手に入れようと奮闘するストーリー。もっともチケットの値段はとても子供が出せるものではないので、盗みなどに手を出してしまうが、全体にコミカルで、かつ地元クラブへの純粋な憧れが描かれていて、とても好感の持てるものだ。また、少年犯罪、ドラッグ、貧困など現在の英国が抱える負の側面もきっちりと描いているところにこの映画の深みがある。

その映画のいちシーンに巨大なパブリックアート"Angel of North"が登場し、強いインパクトを残している。前回の訪問時には叶わなかったが、今回ようやく見ることが出来た。

**********

アクセスは市内から21番バスで南に向かって20分程。バスが探しにくいので、今回はニューカッスル駅からMetroで一駅目のGateshead駅のバスセンターから出発した。ここからだと10分強。商店街・住宅街を抜けると右手前方に不思議な像が見えてくる。

070422nufccfc01

これが、Angel of North(Antony Gormley作、1998年)。高さ20m、翼長は54mでジャンボジェットの主翼とほぼ同じ長さ

070422nufccfc02

070422nufccfc03

逆光でうまく撮れなかったが、実物は赤茶色(鉄の錆びた色)で美しい。

070422nufccfc05

070422nufccfc04

英国は、世界で最も先鋭化した市場原理主義の国だが、コストや不要論を超えてこういった芸術作品を作ってしまうところにこの国の持つパワーを感じる。実際、現場に行って巨大な像を眺めると、不思議な力を感じるものだ(芸術作品に対する造詣に欠けるのでまともなコメントはできないが・・)。

070422nufccfc06

近くで子供達がボールを追っている。まさに映画の世界。

070422nufccfc07

**********

そして、スタジアムに向かう。試合日には街に白黒ストライプを着たファンがあふれているので、それについて行けば直ぐにスタジアムだ。

070422nufccfc10

オフィシャルショップ。既にTシャツにもなる伝説の9番Alan Shearerは永遠にファンの語りぐさ。俺たちの福田正博を思い出さずにはいられない。アディダスのラインナップは非常に豊富だ。

070422nufccfc09

来季07/08モデルも登場。白黒ストライプは正直羨ましいくらい格好良い。神戸の某クラブは大切なモノを捨ててしまった。

070422nufccfc08

スタジアム内部。アウェイ席は最もビル7階相当コーナーに設定。ここまで登るのは一苦労だが、スタジアムで最高の眺めを割り当てられた感じだ。

070422nufccfc11

Newcastle Unitedは、伝統に忠実な造りながらも明るく清潔感あふれるスタジアム、白黒ストライプのシャツ、そしてGeordie(ニューカッスル出身の人々、独特の訛りがある)と呼ばれるファンの存在だろう。彼らのサポートはフェアにして迫力あふれるもの。良いプレーにはスタジアム全体から拍手と歓声が轟音のように沸き起こる。

070422nufccfc12

アウェイのChelseaファンとのチャントの掛け合いも面白い。
Geordie:「おまえらそれでもチャンピオンか?」(←いまいち聞き取れなかったので日本語でごまかして・・・)
Chelsea:「ウェンブリーでGeordieがプレイするのを見たことがあるか? No!」
Chelsea:「ウェンブリーでChelseaがプレイするのを見たことがあるか? もちろんYes!」

試合は、CLとFA Cupも過密日程の中で戦っているChelseaがグダグダで引き分け。前日に引き分けた首位Man Uとの差を詰めるせっかくのチャンスをフイにした。

選手のコンディションが非常に悪そうだった。この調子で今週のCL準決勝、Liverpoolに勝てるのだろうか?

**********

イングランド最北のプレミアクラブ。熱心なファンと素晴らしいスタジアムが作り出すその雰囲気は必見である。来季は地元のライバルSunderlandが昇格する可能性が高くなっている。地元ファンも待ち望んでいるであろう熱いダービーが復活して欲しいものだ。

070422nufccfc14

市内のタイン川にかかる6つの橋、ハドリアヌスの城壁の残骸、タインマス城など、観光地としても見所の多い街だ。

070422nufccfc15

070422nufccfc16

**********

Barclays Premiership
22 April 2007, 13:30, St. James' Park, Attendance: 52056
Newcastle United - 0
Chelsea - 0

 

|

« RANGERS 2 - 1 HEARTS | トップページ | ACL:上海申花-浦和 »

コメント

ものすごい観戦記録、最後の総仕上げという所ですかね。そのチェルシーの友人、とても貴重な方ですね(笑)。ここのユニは特別に格好いいですね。
 神戸は最初はインチキゼブラ(笑)。ちゃんとしたストライプになるのをずっと祈っていたので、そうなった時は他チームながらうれしかった。それがへんなオーナーの分け判らないこだわり色に様変わり。アウェイユニに残すことすらしなかったのはサポの気持ちを踏みにじる、本当にアホ行為としかいいようがありません(怒)。
ここに来て、このストライプの重々しさを感じてほしいものです。 
 St James Parkは素晴らしい雰囲気ですよね。私も工事中に観戦しました。実は先日仕事で来た時にスタジアムツアーに参加したのでした(後日アップ予定)。
仕事先はSunderlandとNewcastleのファンに真っ二つに分かれていて、やりづらいったらなかった。Tyne-Wear Derbyの後は仕事にならないんだろうな、と思います。

投稿: m'mizoo | 2007年4月24日 (火) 20時54分

今シーズンも残りわずかですからね。今のうちに行けるところに行っておこうと張り切ってます。しかし、ここのユニは本当に格好良いですよね!

仕事先が真っ二つ・・・笑
ここのダービーはかなり熱そうですからね。仕事にならないのも無理ないかと・・・

投稿: gers | 2007年4月24日 (火) 23時18分

毎回のことながら頭が下がります。

しかし、俺は捨ててないよ。ビアンコネロのユーベ。

嗚呼、来年サンダーランドとのNewcastle Derby是非みたい。

結果は、おぉーーーい、って感じだったけど、St. James' Parkは素晴らしいね。しかし、何故にロンドンのそれは、St. "James'『s』" park???

投稿: gentlemandinner | 2007年4月25日 (水) 04時10分

何度も言うけど、白黒ストライプはホント良いよね。Juveのも、Newcastleのも。

英語Wikiで分かったことは、

While the name of the stadium does not take an 's' after the apostrophe, in earlier years it generally did; indeed match day programmes printed up until the late 1940s have it written as St James's Park. The name now is officially St James' Park, although the majority of people still pronounce it in with the additional possessive 's'.

依然として、何でロンドンの公園と違うのか、理由が分からん・・・

投稿: gers | 2007年4月26日 (木) 01時10分

 gersさん、Toon Armyでしたっけ?NewCastleも観戦ですか。うーん。羨ましいっす。

私も昔「Seasen Ticket」を銀座に一人で観にいきました。そのとき映画館でEngland FootballのCDまで買った記憶がありますよ。

 Angel Of Northですか。凄く印象的ですよね。うーーん。まさに映画の世界だあ。NewCastleの人間にとってFootballは宗教だ、とかいう台詞とともにこのモニュメントが出てきたように記憶してます。神秘的ですね。

 そういえば映画「Goal!」の主人公の最初の移籍先もNewCastle Utdですよ。あのストライプのシャツといいSt.James'Parkといい格好よすぎ。

投稿: Tiangang | 2007年4月28日 (土) 08時09分

あれ、確かシネカノン有楽町でしたっけ?当時は有楽町駅近くの雑居ビルのなかにあって。たぶん同じ時期に見たんじゃないでしょうか?良い映画ですよねえ。

イングランド最北のプレミアクラブですが、こういう地元の誇りや独特の街の雰囲気があるからか、なんでも東京から発信される日本と違って、ロンドンに人々の目が向いてないというか、地方都市に住む人の精神的な地方分権意識は高いような気がします。

投稿: gers | 2007年4月28日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/6193810

この記事へのトラックバック一覧です: NEWCASTLE 0 - 0 CHELSEA:

« RANGERS 2 - 1 HEARTS | トップページ | ACL:上海申花-浦和 »