« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

RANGERS 4 - 0 H. TEL-AVIV

Thu 22 Feb 2007, UEFA CUP Round of 32: Rangers - Hapoel Tel-Aviv

UEFA CUPベスト32の2ndレグが木曜夜、ホームIbroxで行われ、Rangersは1stレグ(アウェイ)の1-2の敗戦を帳消しにする4-0の快勝。トータルで5-2とし、ベスト16へ駒を進めた。

対戦相手、テルアビブのクラブHapoel Tel-Avivは、イスラエルのトップリーグ(Ligat ha'Al)を代表するクラブで、1923年の創設以来、13回タイトルを獲得している(歴代2位)。ちなみに歴代1位は、18タイトルを獲得しているMaccabi Tel-Aviv。浦和のJ2時代にお世話になったクビツァ(Andrzej Kubica)は1998-2000年に同クラブに在籍し、1999年にリーグ得点王になっている。

**********

2月時点のUEFAランキングでは、イスラエルリーグは22位(SPLは10位)、H.Tel-Avivは118位(Rangers43位)であることから実力差は明らかのように思える。

しかし、1stレグでその格下に敗れたように、国際大会のノックアウトステージでは、通常のリーグ戦以上にホーム&アウェイの環境の違いがプレイに大きく影響してくる。1stレグの敗戦を受けて、クラブとファンのベスト32突破にかける意気込みは普段にも増して強く、Ibroxスタジアムには、平日夜ながら46000以上の観客が集まった。

**********

さて試合は、残念ながら今回は現地に行けず、ラジオ&ダイジェスト映像のみとなったが、どうやらRangersの強さが戻ってきたようだ。

試合を決めた3点全てが、高い位置での中盤の選手によるボール奪取からの得点であり、チームが良く機能していることが分かる。先月の監督交代以来、過去最低だったチーム状況は改善してきているのだろう。

070223herald0特に、前監督政権下では事実上干されていたキャプテンのFergusonが2得点の大活躍。いつもは厳しい採点のHerald紙も9点!の高評価を与えた。「上がり目のポジションが素晴らしく機能した。2ゴールとMoMに値する働き。」(The Herald, 23 Feb)

文句の付けようのない快勝の中、残念だったのはGK McGregorの不可解な退場。3ゴール目の直後に相手への接触を理由にレッドカードを出されたのだが、ゴール直後だけに、TVカメラも実況も問題のシーンを押さえていなかった。ただ、情報を総合すると、McGregorは全く問題のシーンに関与して無かったようであり、クラブもUEFAに対し無罪の申立てをすることを早々に決定、発表した。こういう時のクラブの対応は非常に早い。

素晴らしかったのはファンの対応。カード直後は大ブーイングだったが、チームの勢いを消さないように、すぐに「Rule Britania」の大合唱へと変わった。コールリーダーなしの自然発生的なチャントに任せるスタイルで、このようなサポーティブな対応が出来るのは、ファン全ての思いが「チームを勝たせる」ことに集中しているからだろう。普段はバラバラだけど、いざという時に見せるRangersファンによるこの一体感は、多くの英国のクラブの中でも特筆すべきものだと思う。

**********

現在のUEFA CUPは、CLと比べるとステイタス・注目度が落ちるのは事実だろう。日本に居たときも、伸二がFeyenoordでタイトルを獲得したときを除くと強い興味を持って見てはいなかったが、実際に当事者となって観戦すると、CLにも全く劣らない国際試合の魅力(スタイルの違うクラブとの対戦、ホームへの強い意識)がある。

自分のクラブが世界で戦うという体験は、何物にも代え難いものだ。今年、浦和・川崎が参戦するACLも、リーグ戦と同じくらい、いや、それ以上に、多くの人の関心を集めるようになって欲しいね。少なくとも代表戦より絶対に面白いはずだから。

**********

UEFA CUP Round of 32
Thu 22th Feb 2007, Ibrox, Attendance 46213.
Rangers - 4 (Ferguson 24, Boyd 35, Ferguson 73, Adam 95)
Hapoel Tel-Aviv - 0

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

CHARLTON 0 - 1 CHELSEA

Sat 03 Feb 2007, England Premiership: Charlton Athletic FC - Chelsea FC

今日はCharlton対Chelseaのロンドンダービーを観戦。mizooさんもお勧めのCharltonのホームスタジアムThe Valleyは、前から訪れてみたかった赤いチームの真っ赤なスタジアム。

チケットはアウェイChelsea側、今日も知人のシーチケホルダーの好意で購入してもらった。プレミアではスタジアムに空席が出来る不人気カードでない限り、アウェイチームへのチケット割当ては3~4千枚が上限である。

したがって、例えばロンドンダービー(どのチームの組み合わせでも)などでは、アウェイゲームへの参戦はシーチケホルダーに限定される。さらにアウェイシーズンチケットへの事前申込み、先着順、抽選など、チケット入手は困難を極める。

まあ、各チームとも相当の集客率を誇るので、ホーム優先のポリシーは当然とも言える。浦和を追いかける日常ではアウェイゲームでのスタジアムジャックは当たり前となっているが、これは他のJチームの人気の無さの裏返しという悲しい現実でもある。Jのため、日本サッカーの発展のためには浦和にアウェイを感じさせるチームがもっと必要だろう。今は、仙台@仙台スタ、新潟、磐田@ヤマハくらいか?

**********

070203cafccfc00 Charltonはロンドンの南東の住宅街、有名なグリニッジの直ぐ近くにある。市内主要駅からCharlton駅へは30分程度でアクセスできる。

 

070203cafccfc01 駅を出て坂を上り、直ぐに左に曲がるとスタジアムが見える。閑静な住宅街に完全に囲まれたスタジアムは、地元への密着度を表しているかのようだ。実際、多くのファンは電車ではなく、周辺の住宅街から湧き出てくるように徒歩でスタジアムへと集まる。

070203cafccfc02070203cafccfc04 現在のスタジアムは90年代後半にリニューアルされ、チームカラーをふんだんに配した非常に清潔で印象的な外観を持つ。誰もが記念撮影をするであろう、チャールトンの大きなシンボル。

**********

070203cafccfc05 アウェイ専用入口から入場。相当数のガードマンが配置されボディチェックを受ける。果たしてChelseaシフトなのかは分からない。

 

070203cafccfc06 アウェイスタンドからの眺め。ど真ん中に鉄柱が立って視界を遮る、分かり易いアウェイ差別、というかそこにお金をかける意味はないということだろう。観客席は全て真っ赤。赤いチームのホームに乗り込んで来たんだという気にさせる。

070203cafccfc07070203cafccfc08 ピッチでアップするCech。調子を上げてきているShevaとエースDrogba。

 

**********

070203cafccfc10070203cafccfc12 前半からChelseaはプレッシャーをかけ、早くも18分にLampardがペナルティアークの外側から見事なミドルシュートを決める。Chelseaファンの前にチームメイトが駆け寄り、アウェイスタンドは爆発する。その後は一進一退の攻防。

**********

070203cafccfc13 後半直前、ピッチに入って指示をするMourinho。試合中にファンがコールをすれば必ず手を挙げて答える。選手には熱心な指導、不当な判定に対しては選手の先に立って抗議。他チームからは嫌われ者だが、Chelseaの選手とファンにとってはこれほど信頼の置ける監督は居ないだろう。

**********

070203cafccfc14 後半は徐々にホームの後押しをうけたCharltonがゲームを支配し始める。Chelseaは前半のようなボール回しが出来なくなり、Charltonのプレッシャーとともに選手の動きも少なくなるという悪循環に陥る。

そして、移籍以来実力を発揮できていないBallackはボールを受けてもバックパスしか出来ず、ファンのフラストレーションは爆発寸前になる。

ここでMourinhoは、Wright-Phillipsの投入で、右サイドから活性化を図る。実際右からの突破回数が増え、あわやというチャンスを複数作ることに成功する。

070203cafccfc15 それでもCharltonの優勢は覆せず、終盤はゴール前に釘付けになる。残り数分、怪我から復帰したDF John Terryが投入され、Chelseaは守備固めに入る。

070203cafccfc16 そのまま何とかタイムアップに持ち込み、Chelseaは首位Man Utdにプレッシャーをかける貴重な勝ち点3を手にした。

 

070203cafccfc17ファンに感謝する今日の得点者Frank Lampard。

 

 

**********

応援は熱心だが熱狂的ではない、プレミアに留まる実力はあるものの常に中下位に甘んじる、スター選手は居ない、と第三者的にはパッとしないクラブだが、The Valleyを取り巻く歴史を見て、どんなビッグクラブにも負けない地元愛に支えられたクラブであることを知った。

俺たちのクラブ、地元の誇り、footballで最も大切なものをCharltonは持っている。

**********

Barclays Premiership
Sat 03 Feb 2007, 15:00, The Valley, Attendance: 27,111
Charlton Athletic - 0
Chelsea - 1 (Lampard '18)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »