« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

HAMMERS 1 - 2 LIVERPOOL

Tue 30th Jan 2007 19:45, England Premiership: West Ham United - Liverpool

070130whuliv1 今日は平日ナイトマッチ、3位Liverpoolをホームに迎えての対戦。Hammersは降格圏から脱出するために、そして、Liverpoolは優勝争いに加わるために、それぞれ負けられない試合である。

今季の実力差は明らかだが、Hammersはこれまでホームで4強チームのうちArsenal、Man Utdを破っているだけに、今日もファンは大物食いを期待していた。しかしながら、結果は降格圏内とどまるチーム力に見合ったものだった。

**********

平日ということでキックオフは19:45の設定。この時間ならば仕事帰りでもスタジアムに間に合うだろう。埼スタでのACL3試合も19:30と若干遅めに設定されたが、何事にも変化を嫌う日本にあって、これはクラブの英断だろう。

そもそもアクセスに1時間以上かかる東京方面から仕事帰りに参戦しよう考えるサポが相当数いるわけで、キックオフを20時くらいまで遅らせても大きな問題は生じないのではないか。日本には英国と違って時間通りにかつ確実に運行する交通機関があるのだから。

今日のカードはSKYで生中継されるということも、場内アナウンスで度々言及される。英国でも生中継にセレクトされるカードは当然限定されるわけで、ゴールデンタイムに放送される我がチームの試合を前に、クラブもいつにもまして気合いが入っている。

**********

070130whuliv2_1070130whuliv3 今日の席は初めてのメインスタンド・アッパー。最上段に近いくらいの高さだが、傾斜が急なのでピッチを上から見下ろす感じで、全く距離を感じさせない。素晴らしいことだ。

ただ、この良席も、キックオフ後に同席を確保したシーチケホルダーがやってきて、あえなく追い出される。要は、ダブルブッキング。私にとっては初めての体験だが、この種のトラブルはこの国では良くあることなので、スチュワードに断りを入れて、出来るだけ良い場所で空いている席を探して座る。

**********

070130whuliv4 さて試合は、運動量豊富なGerrardと、展開力に優れるXabi Alonsoの中盤が良く機能するLiverpoolのペースで終始進んでいく。前半はかろうじて無失点に押さえたが、後半開始早々、KuytのゴールでLiverpool先制。その後、Crouchの個人技でHammersディフェンスはあえなく崩され0-2。

チームとして機能していないHammersは、1月の移籍市場で新加入となったSevilla出身スペイン人FW Kepa Blancoが投入される。Blancoは不甲斐ないチームに渇を入れるように前線で走りまくり、その努力が初出場ゴールとなって報われる。

070130whuliv5 勢いづくファンの後押しと共にHammersは攻め続けるが、LiverpoolのDFは堅く、Blancoの努力も空しくタイムアップ。昇格争いの真っ直中にとどまることになった。報われない日々が続く99年の我々みたいだ。世界のどこでも、降格するチームというものは同じような悪循環から抜け出せないのだろう。それでもフットボールは続く。

**********

メインスタンド中央中層に座っていて、複数のLiverpoolファンを発見。場所的には関係者席に近いところ。もちろん彼らはそれと分かる赤いものを一切身につけていない。ただし、得点が決まった瞬間だけ立ち上がって選手をたたえる拍手をするが、ガッツポーズや歓声は一切なし。数秒で直ぐに座り、再びおとなしく観戦を続ける。

英国のスタジアムではホーム・アウェイファンは完全に隔離されていると理解していただけに、たとえアウェイチーム関係者であったとしても、気の荒いホームファンに紛れているとは思いもしなかった。メインスタンドに来ると色んな発見があるものだ。

**********

Barclays Premiership
30th January 2007, 19:45, Upton Park, Att: 34,966
West Ham United - 1 (Blanco '76)
Liverpool - 2 (Kuyt '45, Crouch '52)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

MANCHESTER CITY 0 - 3 BLACKBURN ROVERS

Sat 20th January 2007 17:15, England Premiership: Manchester City - Blackburn Rovers

続いて2試合目の目的地マンチェスターに向かう。

070120mancblkbrn1 Anfiledを出てタクシーで駅に向かい、30分ほどの待ち時間でマンチェスター行き列車に乗る。リバプール・ライムストリート駅からは、各停1時間足らずで、スタジアム最寄りの近代的なマンチェスター・ピカデリー駅に到着する。

070120mancblkbrn2 駅を出て早速スタジアムへ。地図が無いのでCityのユニを着ている人を捕まえて場所を聞くと、1マイル半、およそ徒歩30分くらいとのこと。駅から南東に向かってひたすら歩くと、暗闇に光るスタジアムが見えてくる。

070120mancblkbrn3070120mancblkbrn4 City of Manchester Stadiumは2003年にオープン。らせん階段がサンシーロを思い起こさせるが、こちらの方がずっと近代的である。

クラブによると、"one of the most technologically advanced venues in Europe" ということで、Cityのホームゲーム以外にも多数のイベント~もちろんOASISのコンサートにも~に使用される。チケットは当日券で£27(南ゴール裏2階)。

070120mancblkbrn5070120mancblkbrn6 内部は、ピッチを四角形に取り囲む英国伝統スタイルと異なり、ピッチ外に余裕を持たせた設計。だからといってピッチまでの距離を感じることはない。密閉感が強く、歓声は内に「ゴー」っとこもる感じ。

このタイプは、ミレニアムスタジアムやエミレーツなどと同じく、このタイプのスタジアムはこれからの新築スタジアムのデフォか。

070120mancblkbrn8

"THIS IS OUR CITY" に、Man Uとは違うプライドを強く感じる。

 

 

**********

今日の対戦相手は、同じ中西部地方のBlackburn Rovers。中位対決であったが、スピード感あふれ、激しく、90分間テンポの落ちない試合が展開された。Cityは試合中6~7回の超決定機をゴールラインぎりぎりのところでGKやDFに防がれ、全く運が無かった。

070120mancblkbrn9 対するRoversは、ウェールズ人キャプテンのSavageやPedersenなど中盤のクオリティの高い選手を中心に展開し、ホームチームにプレッシャーをかけ続けながら、試合を通じたハードワークが報われたかたち。

特にPedersen(ノルウェー人、25歳)の活躍は素晴らしく、2得点以外にも常に積極的にゴールに向かう姿が、LiverpoolのRiiseをイメージさせた。今後、大成しそうな選手である。

混雑回避のため、試合終了5分前にスタジアムを出る。スタジアム外に待機している「Piccadilly」行きのバス(£1)に乗れば、10分もかからずに駅に到着する。時間があれば歩いて駅に向かっても良いが、冬のマンチェスターはとても寒い。

**********

初のダブルヘッダーは無事成功に終わったが、ロンドン駅直前で原因不明のトラブルのため1時間遅れて到着。一日電車に乗っていると必ず何かのトラブルに遭遇するのがこの国だ。結局朝6時から26時までfootballのために活動したことになる。いくら好きなこととはいえ、さすがに疲れた。。

**********

Barclays Premiership
Sat 20th Jan 2007, 5.15pm, City of Manchester Stadium, Att: 36,590
Manchester City - 0
Blackburn Rovers - 3 (Pedersen 44, 62, Derbyshire 90)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

LIVERPOOL 2 - 0 CHELSEA

Sat 20th January 2007 12:45, England Premiership: Liverpool Chelsea

土曜日はアウェイゲーム・ダブルヘッダーに挑戦。東京と埼玉のダブルヘッダーは成功したことがあるが、必ずしも交通機関が時間通りに動かない英国で成功するかどうか、トライしてみた。

カードは、Liverpool-Chelsea@Anfield(12:45~)、そして、Manchester City-Blackburn Rovers@City of Manchester Stadium(17:15~)。リバプール~マンチェスター間の移動は通常1時間程度であり、結果から言うと、両試合とも無事観戦できた。

**********

まず1試合目は、初のAnfield訪問、Liverpool(3位)対Chelsea(2位)の好カード。チケットは、Chelseaのシーチケホルダーの友人にお願いして購入してもらう。Chelseaへのアロケーションは3~4千枚とのこと。もちろんホームも含め完売。

070120livche1 リバプールへの電車はロンドン・ユーストン駅発。列車の中では、意外にもLiverpoolファンが圧倒的に多いことに驚く。予定通り3時間以内にリバプール・ライムストリート駅に到着。すぐに駅向かいのバス停からスタジアムへと向かう。

070120livche2070120livche3 Anfieldは市街地からバスで15分ほどの完全に住宅街の中に位置する。バスを降りるといきなり有名なKOPスタンドが目の前に表れる。

070120livche4 クラブショップの隣はミュージアム。入場料は£5なので、当然入ってみる。中は過去の栄光と歴史の証である品々が所狭しと展示されており、本物の伝統的強豪クラブであることが伝わってる。浦和の行く道は果てしなく遠いなあと、しばし絶句。あと、本物のビッグイヤーの大きさにたまげた。

**********

070120livche6 今日は、GKのPetr Cechが昨年10月の頭蓋骨陥没事故後初めて復帰、フェイスガードを付けてプレイしたが、本調子にはほど遠い。

 

070120livche7 残念ながら席がアウェイ最後列の見切り席で、ピッチが完全に見渡せない状態だったが、それでもAnfieldの素晴らしさは十分に実感できた。得点時には、スタジアム全体が本当に揺れる。

**********

試合は、首位のMan Utd.にこれ以上の差を付けられることは許されないChelseaだったが、けが人によるDFの穴は埋められず、前半4分、18分に得点を決められ、0-2の敗戦。特に2点目のPennantのゴールは、ゴールエリア外からの強烈なボレーシュートがドライブがかかりながらゴールに吸い込まれていく素晴らしいもの。

Liverpoolは、中盤AlonsoとGerrardが効果的な配球をし、(Chelseaから見て)右からRisse、左からPennantがどんどん切り込み、前線に放り込めばCrouchが2mの長身を生かしてことごとく空中戦に勝ち、とにかく圧倒的な攻撃で終始ゲームを支配した。というか、Chelseaがダメ過ぎだった。

070120livche8 特に、Steven Gerrard MBE(Member of the Order of the British Empire:大英帝国勲章(メンバー)を今年叙勲されたのでこう標記される。)の存在感は圧倒的で、バックラインから前線まであらゆるところでボールに絡み、機を見ては切り込んでシュートに持って行く様は、まさに神。同じく代表MFのLampardやBallackと比較しても圧倒的な活躍だった。

**********

Chelseaファンは、例えばリバプールの失業率の高さを揶揄して "Stand up, if you've got a job!" とか歌い、まるでF**C東京サポみたいで、ホームの迫力あるレッズファンの前では負け犬の遠吠えでしかない。

070120livche9 このスタジアムは本当にホームを実感できるスタジアムのひとつだろう。雰囲気はCeltic Parkに似ているが、ファンの熱気の密度はより高いように思う。残念ながらホームチケットの入手はほぼ不可能に等しい(だから、今回友人に頼んでアウェイチケットを購入してもらった。)が、死ぬまでにホーム側で見る価値のある "Must Visit" スタジアムだ。

**********

Barclays Premiership
Sat 20 January 2007 12:45, Anfield, Attendance: 44,245
Liverpool - 2 (Kuyt 4, Pennant 18)
Chelsea - 0
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

クラブの商売あれこれ

mizooさんがマッチディプログラムの紹介で面白い話題に触れていたので、私も便乗することに。

上はプレミアから下は2・3・4部リーグまで、各クラブともとにかく趣向を凝らした商売を展開している。もちろん、日本とは消費者心理やクラブの認知度が異なる国の話ではあるが、巧みにファンの心をつかむものも多く、商売のネタは色んなところに転がっているんだということで紹介してみたい。

**********

まずは、Rangersから。

Gers1

Gers2

mizooさんも紹介していた選手スポンサー、スコットランドのトップリーグのチームでもHome&Away Kitのスポンサーとして募集している。ただし、Rangersの場合には基本的に企業のみが受け付けられている様子。多くの選手には既にスポンサーが付いているが、新加入選手にはまだ空きがある。

Gersanthem1Gersanthem2 それから、私も参加してみたのがこれ。

クラブオフィシャルソングのCD発売に合わせて、一定期間内に購入した人に、「Roll of Honour(貢献者名)」入りのポスターが付いてくると共に、スタジアムの電光掲示板にも同様に名前が掲示されるサービス。

価格はCD本体の£13(だったと思う)のみなので申し込んでみたところ、スコティッシュな名前に混じってたった一人だけ日本人名がちゃんと載っていた。もちろん、スタジアムの電光掲示板にもしっかりと登場(写真では小さくて良く分かりません)。

自分の名前がこうやってクラブの商品に使われるなんてファン心理がくすぐられるものだが、4万枚からのシーチケが売れていて、世界中にファンがいるにしては応募者が少なく感じたのも事実。もしかしたら、スペースの関係から先着順だったのかもしれない。

**********

Hearts1

Hearts2

つづいて、同じくスコットランドからHeartsの登場。

「あなたの顔が表紙に!」ということで、自分の好きな写真を送って自分だけのマッチディプログラムが作れるというサービス。価格も£14.95とお手頃。子供へのプレゼントだけじゃなくて、自分の分も作りたくなるだろう。

**********

浦和レッズもサポーターカレンダーなどユニークな試みをしているけれど、優勝記念商品の売り上げを見る限りファンの購買意欲は相当高いのだから、もっと貪欲に搾取したらいかが?クラブの強化につながるのなら貢献するよ。

これ以外にも、面白いものは無数にあるので、気がついたときに紹介します。

**********

これを書き終えたところで、新ユニ発表のニュースを発見。ACL用に「JAPAN」の文字を入れたのは英断だね。こっちではマンUに勘違いされるのがいやだったのでVodafoneユニを着るのは避けていたんだけれど、これなら胸張って着ます。

希望があるとすれば、オリジナルネームプリントを可能にして欲しいね。英国のオフィシャルクラブショップや一般のスポーツショップ(さらには日本の一部クラブも)ではすぐに好きなネームをプリントしてくれるのに、メーカーとボルテージの対応能力の低さはなんなんだろう。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

新監督就任

Rangers再建の命を受けて、今季から期待の若手フランス人監督Paul Le Guen(PLG)が指揮を執っていたが、期待された結果を出せずにRangers史上最短の7ヶ月で退任という結果に終わった。最大の問題はスコットランドサッカーに最後まで適応することが出来なかったことだろう。ただ、UEFA CUPでは良い結果を出しているだけにPLGの監督としての才能に疑いはないはずである。今後の彼のキャリアを期待する。

そして、1/10に、史上まれに見る低迷状態に陥っているRangersの再建請負人として、Rangersの伝説Walter Smishが就任した。同時に、往年の名プレイヤーAlly McCoistとKenny McDowallの入閣も決まった。

Walter Smishは1948年グラスゴー生まれの58歳。Dundee Utd.でキャリアをスタートした。選手としての目覚ましい記録はないものの、Dundee Utd.に初のリーグタイトルをもたらした後、1997年にRangersで史上タイのリーグ9連覇を成し遂げている。その後、Everton、Manchester Utd.(Alex Fersusonのアシスタント)を経て、2004年にスコットランド代表監督に就任。2008年欧州選手権の出場権をかけた予選グループでフランスを破る金星を上げ、監督としての評価は非常に高い。

**********

070111scotsman 今回のWalter Smish新監督の誕生は、代表監督の任期を18ヶ月残しての代表退任となり、大きな議論を巻き起こしている。

Rangersからすると、現在リーグ2位に付けているものの首位Celticとの差は既に挽回不能な17ポイント、そして数字以上にクラブ創設以来といってよい程、Rangersのチーム状態は悪い。そのような中でチーム再建にはなりふり構っていられない状況にあり、強いカリスマの存在が必要だった。Walter Smishはチームのとっての「伝説」であり、今のRangersには彼以外の適任者はいない。

一方のSFA(Scottish Football Association)にとっては、現在のスコットランド代表は選手が揃いつつあり、しかも欧州選手権予選が今年イタリア・フランスとの対戦を控え佳境を迎える中で、代表の強化とかかる期待が大きいだけに、代表監督の引き抜きは信じがたい暴挙である。現在、SFAはRangersの行為とWalter Smishの契約違反に対して法的措置を検討していると伝えられている。

**********

これは、ジェフ千葉のオシム前監督が代表に引き抜かれたのとちょうど逆のかたちである。千葉は当初JFAのやり方に強い不快感を示していたが、最終的には日本代表のためとして折れた。オシムを千葉につなぎ止めておくだけのインセンティブが少なくなっていたという現実的な事情もあるだろうが、基本的には協会の引き抜きである。

一方、今回のスコットランドのケースは、SFAからすると許し難い行為と映るだろうが、Rangersとしては強化の一環として当然の行為をしただけあり、また今回のような人事を実行できるだけの財政力・魅力がクラブ側にある。Rangersファン以外のすべてのファンを敵に回したのは事実だけど。

Scotsよく欧州では「クラブ>代表」と言われているが、スコットランド代表の人気は決して低くない。代表の試合を見に行けば、そこには日本代表サポの軽い雰囲気とは比べものにならない強いサポートがある。しかしながら、プロフットボール選手の本業の場であるフットボールクラブの発言力は間違いなく強い。

翻って、オシムのケースのようにクラブが協会の行為に対して泣き寝入りするしかない状況は、世論・メディアにおける日本のサッカークラブ、強いてはプロサッカーの地位の低さを表してはいないか。

スコットランドのようにクラブが強さを追求するのは当たり前、代表監督だって引き抜く、そのプロセスはクラブと協会が対等な関係で交渉する(交渉の結果、賠償問題になるかもしれないが)、というのが健全な関係である。結局、日本のプロサッカーは未だ黎明期ということだろう。

**********

現在の浦和は協会に対しての発言力・交渉力を持つだけのクラブにまで成長したが、日本のプロサッカーの発展のためには浦和に続くクラブがたくさん表れなくてはいけない。まあ、千葉のケースに関して言えば、オシムが代表監督になったおかげで浦和の選手が大量に代表に招集され、その結果チームのレベルアップにつながっているから、浦和としてはありがたいんだけどね。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

そしてアジアへ

天皇杯連覇! そしていよいよアジアへ

その先にある世界を獲る日まで We are REDS!

 

125pxflag_of_germanysvg  

... und Danke schoen Guido Buchward!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »