« ファイナル3:甲府(ホーム) | トップページ | 決戦の日: FC東京(アウェイ) »

2006年11月24日 (金)

CHELSEA 1 - 0 WEST HAM UNITED

18th Nov 2006, Premiership: Chelsea - West Ham United

先週の土曜日は、Hammersのアウェイゲームに参戦。低迷するEast Endの下町クラブが、今や名実ともに世界のトップクラブとなったWest Endの金持ちクラブに、嫉妬混じりで乗り込んでいく東西ロンドンダービーである。

061119blsham1 約10年前に来たとき(当時はGianfranco Zoraがいた。)は、ちょうど改修前でスタジアム周辺も未開発だったが、今やディズニーリゾートのようなたたずまいとなっていてビックリ。

061119blsham2ホテルが併設され、ガードマンが多く、フィッシュ&チップスも有名チェーンのHarry Ramsden'sで美味しいのが食べられる。気軽に本場のfootballを楽しめる雰囲気で、女性客などライトなファンを引きつける作りは学ぶところが多いだろう。その結果として会員数は増え、チケットは高額な設定にもかかわらず入手が困難となっているが。

061119blsham3 アウェイサポはShed Endのゲートから入場し、コーナー付近の1・2階に詰め込まれる。ホームファンとは写真の距離の近さ。アウェイでのサポートスタイルは、チームへのチャントよりも、ホームファンを揶揄するチャントというかヤジが多い感じ。「ロシアンが刑務所に行ったら、おまえらは終わりだ。」とか。一気にチャントのバリエーションが増えましたw

**********

061119blsham5 さて試合は、前半20分のGeremiの見事なフリーキックが決勝点となり1-0でChelseaの勝利。Hammersも玉際では非常に激しくファイトし見応えがあったが、基本的には前後半を通じて、キープ力と展開力に勝るChelseaのペースだった。

特に後半は決定的なシーンを数多く作られたが、キーパーとDFのファインセーブによって1失点に抑えることが出来た。攻撃では不調だったTevezが切れのある動きでチャンスを作るが、Chelseaの鉄壁のDFを崩すことは出来なかった。

**********

061119blsham8 チームの絶対的な力の差からすると満足できるパフォーマンスだった。それゆえ、アウェイに駆けつけたファンからも、試合後はチームの健闘をたたえて大きな拍手がおきた。もちろんファンは勝利を期待してアウェイまで来ている訳だが、負けても満足という感覚は、ファンとしては受け入れがたい力の差をきちんと認識している表れでもあり、これは試合を見る目が成熟しているということなのだろう。

061119blsham9 試合後にHammersサポに挨拶するHammersのユースシステム出身のJ.Cole。彼の誠意にサポは罵声で応じる。今や代表にまで上り詰めた選手だが、Hammersにとってはやっぱり裏切り者なのね。

**********

Barclays Premiership
Sat 18th November 2006, Stamford Bridge, Attendance 41,916.
Chelsea - 1 (Geremi 20')
West Ham United - 0

|

« ファイナル3:甲府(ホーム) | トップページ | 決戦の日: FC東京(アウェイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/4295782

この記事へのトラックバック一覧です: CHELSEA 1 - 0 WEST HAM UNITED:

« ファイナル3:甲府(ホーム) | トップページ | 決戦の日: FC東京(アウェイ) »