« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

SUNDERLAND 1 - 1 LEICESTER CITY

Sat 16 Sep 2006, Championship: Sunderland - Leicester City

9月の週末、ロンドンからエジンバラへの旅の途中、新聞でサンダーランドのホームゲームが開催されることを知り、ニューカッスルで途中下車した。ニューカッスルはロンドンから電車で3時間強。

060916safclcfc01060916safclcfc02 Newcaslte Utdのスタジアムはニューカッスル市内にあるのに対し、Sunderlandのスタジアムはニューカッスル駅からメトロで海(タイン川河口)に向かい約30分、その名も「Stadium of Light駅」で下車。駅そばの陸橋に登るとスタジアムの上部が見える。

060916safclcfc03060916safclcfc04 スタジアムの方向に向かって住宅地をぬって歩くと、5分程で到着。チケットオフィスは一番最初に見えるレンガ造りの建物「Black Cat House」にある。「Black Cat」はチームマスコット。当日券は余裕でゲット。

060916safclcfc05 残念ながら日中の試合だったので、暗闇に浮かぶ「光のスタジアム」を見ることはできなかったが、白い外観の巨大な建物はとても威圧感があり、ちょっと離れた程度ではカメラに収まりきらない。

060916safclcfc06 スタジアム正門。ここにクラブショップがある。せっかくの赤白チーム訪問なので、渡英して初めてマフラー(こっちでは、Scarf:スカーフ)を購入した。グッズ類はとても豊富で、チケット売り場よりも行列が長かった。

***********

060916safclcfc10060916safclcfc08  スタジアムの内部はこんな感じ。キャパは49,000人。この規模にして2層になっているのは西(メイン)と北(ゴール裏)のみで、その他は1層式。この規模にしてスタジアムのどこから見てもピッチが近く感じる。

060916safclcfc07 同様に赤白をチームカラーとするFeyenoordのフラッグを発見。ちなみにスタジアム?落としは、Ajaxとの親善試合だったらしい。

***********

060916safclcfc12この試合は偶然にも監督に着任したばかりのRoy Keaneのホームデビューの日であった。そして、彼のCelticとManchester Utdのコネクションから、Liam Miller、Stan Verga、Dweight York(懐かしい!)が加入し、彼らも試合出場を果たす。

このような記念日にもかかわらず、最近の低迷するチーム事情からか、スタジアムは空席が目立った。それでも観客は熱く、そしてひとつひとつのプレーに対する反応がとても早く感じられた。サッカーを見慣れているというか、サッカーしかないという感じか。

***********

060916safclcfc13 前半14分に負傷選手に代わり、York登場。前半は、Sunderlandはミスが多くコンビネーションがいまいちなのに対し、Leicesterはゴール前までつないでフィニッシュに持っていくかたちが作れていた。Sunderlandが幾度となく決定機を外して前半終了。

060916safclcfc15060916safclcfc14  ハーフタイム。可愛らしいマスコットの「黒猫」が写真撮影に応じる。ピッチでは子供たちが見にコートでプレイしている。ボールを持ったら忠実にサイドに開いてクロスを入れるのがイングランドっぽい。そして、みんな凄く上手い。

060916safclcfc16 後半開始すぐに、Leicesterが先制点。ホームのSunderlandは反撃に転じる。そして65分、Millerに交代したHysenがファーストタッチでゴール。選手はKeane監督に駆け寄る。

060916safclcfc17 電車の都合から80分過ぎにスタジアムを去る。結果は1-1のままであった。今度はナイトゲームで美しいスタジアムを見てみたい。できることなら、Newcastle Utdとのダービーで。

***********

The Coca-Cola Football League Championship
Sat 16 Sep 2006, Stadium of Light, Attendance 35,104.
Sunderland 1 (Hysen 65')
Leicester City 1 (Fryatt 47')

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

WEST HAM UTD 0 - 1 PALERMO

ちょっと時間が経ってしまったが、9月中旬にロンドン到着第一弾として、UEFA CUP First RoundのWest Ham United vs Palermoを観戦したのでupしておく。ロンドンの住まいがEast Endになったので、一番近いクラブはWest Ham United。次がMilwall(現在Div.1)か。したがって、今後ともこのチームを観戦する機会が一番多くなるだろう。

060914whupal1 スタジアムはZone3のUpton Park駅から徒歩5分程度。駅周辺はいかにもEast Endというエスニックで混沌とした感じ。駅を出て右に歩けばすぐにスタジアムに到着。

060914whupal3Ticket_2 どこも同じようなターンスタイル。事前にチケットオフィスで購入しておいたICカード式チケットをセンサーにかざして入場。購入時に住所・氏名が必要で、カードに氏名がプリントされる。座席番号はセキュリティの関係からカードに記載されないので、購入時の領収書をとっておく必要がある。

060914whupal4 最前列はピッチレベルの高さ。スタジアムのキャパは約35,000で、プレミアのビッグクラブには及ばないが程よい大きさ。今日はUEFA CUPの予選ラウンドということもありフルハウスにはならず。

060914whupal5 カード的にも盛り上がる要素に欠けていたにもかかわらず、試合が始まってとても驚いたのは、サポーターの声がとにかくでかい。これまで色々なスタジアムで試合を見てきたが、この程度の人数にしては相当なボリュームだった。雑駁な印象だが、ロンドンのスタジアムは観光地化したためか、チケットの値上がりの影響か、いわゆる「ヌルく」なってしまっている中で、ここにはまだ猛々しいサポートの姿が残っていそうだ。しばらくこのチームを見てみようと思う。

060914whupal6 試合は、WHUFCが多くのチャンスをことごとく外し続けたのに対して、Palermoは鋭いカウンターから少ない決定機をものにし、彼らのホームゲームを前に大きなアドバンテージを得た。写真は喜ぶPalermoサポーター。

今期移籍してきた注目のアルゼンチン代表TevezやMascheranoはうまくチームにフィットしていない感じ。チーム自体もパスミスが多く、コンビネーションもほとんど確立していない。この状態で厳しいプレミアシップを戦っていけるのだろうか。

**********

なお、シチリア島・パレルモで行われたセカンドレグでも、Palermoが2-0で勝利し、決勝トーナメントへ駒を進めた。ちなみに、RangersはノルウェーのMoldeに勝利し、決勝トーナメント進出を果たした。残念ながらRangersとHammersの対戦は実現しないことになった。

**********

UEFA CUP First Round 1st Leg
Thu 14 Sep 2006, Upton Park, Attendance ?
West Ham United FC  0
US Città di Palermo 1 (Caracciolo 45')

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ロンドン、そしてmizooさんとの出会い

長らく更新が滞っていましたが、この間に事情によりロンドンに引っ越してきました。

結果的にブログのタイトルに偽りありとなってしまいますが、レンジャーズのシーズンチケットは今シーズンも保有しているので、浦和レッズを追って広島や博多に遠征するように、時間が許す限りグラスゴーへ遠征するとともに、ロンドンでも拾えるスコティッシュ・フットボール情報を書いていきたいと思います。なので、タイトルはこのままです。

ロンドンに来て何より嬉しかったのは、昨日、同じ浦和サポでロンドン在住、From London to URAWAのmizooさんとお会いできたことです。長年浦和をサポートしてきたこと、浦和を愛しながらも浦和に行けない同じ境遇にいること、といった共通点から、初対面にもかかわらず話は盛り上がり、EURO 2008予選などそっちのけで、あっという間に数時間が過ぎていきました。

我々の認識は共通。プレミアなど海外サッカーは結局は他人のもの。俺たちのホームは浦和。戻るべきところがあるからこそ海外サッカーが楽しめる。そして、いずれは浦和レッズが世界に羽ばたき、ガチンコの勝負をする相手として見ることができると。

我々を引き合わせてくれた浦議SNSに感謝。そしてmizooさん、久しぶりの浦和談義、とても楽しかった。本当にありがとう。現地に行けないのは悔しいけれど、ロンドンで今年のリーグ優勝見届けましょう。We are REDS!

PS. ついでにタイトルバナーをスコットランド国旗に変えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »