« WC06:日本vsオーストラリア(写真編) | トップページ | WC06:イタリアvsオーストラリア »

2006年6月19日 (月)

What a mistake that is!!!

クロアチア戦で、日本が誇るディフェンシブFWがこれ以上ないシーンで外したときのITVコメンタリーの発言。

普段のリーグ戦の時は、多くの試合がSkyなどの有料放送に放映権を握られているためあまりTVを見ない(見られない)のだが、W杯はBBCとITVで完全放送しているので、最近TVをよく見るようになった。

特にBBCのライブ中継は、コメンタリー(実況解説)陣が充実していて見応えがある。Match of the DayでおなじみのGary Linekerを中心に、Alan Shearer、Leonardo(鹿島にいたあのレオナルド)、Ian Wright、Gordon Strachan、Marcel Desailly等々非常に豪華な面子である。例えば、Desaillyなんかは、アフリカの出場国に関する深い造詣を披露してくれる。

レギュラーメンバー以外にも、例えば今日のスペイン-チュニジア戦では前Celtic監督のMartin O'Neill(写真ピンクのシャツ)が出てきたりして、その的確な分析につい引き込まれて、TVの前にいる時間が長くなってしまう。

060619bbcteam

<BBC, World Cup Match of the Day Liveより>

試合中の実況はきちんと試合の流れを伝えながら、時に解説者が的確なコメントを挟む。そして、チーム・選手に関する豊富なデータを”必要に応じて”説明する。例えば、日本・クロアチア戦では、川口がパンチングを多用していたところから、彼の海外でのキャリアと、なぜ彼が英国で成功しなかったかについてさらりと触れていた。

スカパー!でも98フランス大会中心選手の中山、名波、呂比須らが登場しているようで、これは喜ばしいことだ。中継に一流の監督・選手をどんどん起用することで、よりW杯の魅力が増すだろう。日本にもサッカーを語れる人材はたくさんいるのだから。

いい加減に、こういうの↓はやめにしないか?

060612jpnaus200 <カイザースラウテルンにて某放送局の某アナ>

|

« WC06:日本vsオーストラリア(写真編) | トップページ | WC06:イタリアvsオーストラリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/2299427

この記事へのトラックバック一覧です: What a mistake that is!!!:

« WC06:日本vsオーストラリア(写真編) | トップページ | WC06:イタリアvsオーストラリア »