« What a mistake that is!!! | トップページ | ドイツキャンプ1:SSVロイトリンゲン戦 »

2006年6月26日 (月)

WC06:イタリアvsオーストラリア

決勝トーナメント1試合観戦と浦和のキャンプ訪問のため、今月2回目の渡独。もちろん、後者が主目的。

060626itaaus001 まずは、日本の進出をわずかながら期待していたトーナメント1回戦E1vsF2を観戦。会場は日豪戦のカイザースラウテルン。

駅では90年イタリア大会のギドに遭遇。

060626itaaus002 スタメンにスコットランドにゆかりのあるGennaro Gattuso。プロのキャリアの実質的なスタートはRangersで、奥さんも当時知り合ったスコットランド人らしい。今でもフィジカルを重要視するスコットランドサッカーが大好きで、チャンスがあれば戻りたいと公言してはばからない。Rangersに戻ってきてよ。

060626itaaus003060626itaaus004

国歌斉唱。スタジアムはオージーが優位。

第三国では、地元ドイツ人以外ではイタリアユニを着た日本人が異様に多い。

さて試合は、非常に勢いのあるオーストラリアが運動量で攻めてくるのに対し、イタリアは守備を固めてボールを奪ったら早めに前線に入れてシュートまで持って行き、前半は一進一退。

060626itaaus005しかし、後半早々のMaterazziの一発退場で、イタリアは守備の安定を図るため中盤からバックラインに一人下げ、ワントップに変更、その結果、攻撃オプションが少なくなる。<ピッチを去るMaterazzi>

しかしながら、このイタリアの守備的な対応こそがイタリアの神髄といったところで、数的優位をかさに攻め立てるオーストラリアの攻撃を、きわどいシーンを作られはするものの、高い集中力をもって間一髪のところで耐えしのぎ、失点の気配は全くなかった。

ディフェンスの安定感は抜群で、突破でもロングボールでも、必ず一人が競り勝ち、そのこぼれ球を別のDFが拾っていた。DFのフィジカルもさることながら、局面局面でのディフェンスのイメージを全ての選手が完全に共有しているようだ。

060626itaaus006 そして、Del Pieroに代えてTottiを入れたあたりから、攻撃の枚数は少ないながらも得点の気配が漂い始める。案の定、ロスタイムにペナルティをとり、Tottiが決めて試合終了。

最後まで走り続けたオーストラリアは、何で点が入らないんだろうと思っていたことだろう。今日目の当たりにした恐ろしいまでの安定感の守備をいわゆる「カテナチオ」というのかどうか分からないが、こんなチームには絶対に勝てないと恐怖心を抱かせるような不思議な感覚だった。

060626itaaus008 最後に、読めないのに勢いで買ったGazzetta。最高評価はCannavaroの8点。誰が勝利の最大の貢献者かをきちんと理解する国だ。

|

« What a mistake that is!!! | トップページ | ドイツキャンプ1:SSVロイトリンゲン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/2452055

この記事へのトラックバック一覧です: WC06:イタリアvsオーストラリア:

« What a mistake that is!!! | トップページ | ドイツキャンプ1:SSVロイトリンゲン戦 »