« キリンカップ:スコットランドA代表? | トップページ | WC06:日本vsオーストラリア »

2006年5月25日 (木)

英国クラブのファン気質

5/13のスコティッシュカップ決勝でHeartsが8年ぶりの優勝を成し遂げ、メディアはこれを大きく取り上げていた。翌日にはエジンバラ市内で優勝パレードが行われ、体感的にはリーグチャンプ決定よりも盛り上がっていたのではないかと思う。やはりオールドファーム以外のチームの活躍がスコットランドのサッカーを盛り上げるのだろう。

残念ながら貴重なパレードの様子を撮影し損なった。日本人Heartsファン(推定3人以下?)の皆さん、申し訳ありません。その貴重なHeartsファンで、現在英国のとあるMBAで勉強している友人から、面白いサイトを紹介された。

http://www.roymorgan.com/news/press-releases/2006/490/

Roy Morgan Internationalという英国のマーケットリサーチ会社による、英国フットボールクラブのファンの規模とファンの性格についてのレポートである。

これによると、いわゆるイングランドのビッグクラブに続き、Rangersが5位となっている。6位のCelticとはほぼ同数と言って良いだろう。ファン数については、必ずしも現在のチーム力(リーグ順位)とは比例関係になく、LeedsやWolvesなど根強い人気を保つクラブがChampionship(実質1部)からも複数ランクインしている。Heartsも18位にランクイン。

面白いのは、下の方にある"Who are the fans?"

Chelseaは、粗暴なイメージとは正反対の都会的なファン層が定着しているようだ。"underweight"なんてイメージと正反対だったのだけど。クラブが強くなるのと相対してシーズン・チケットの値段はべらぼうに上がり、スタジアムは金持ちの余暇の場と化していき、昔からのファンの心境はいかなるものだろうか・・・。

さて、CelticとRangersはほぼ同数のファン数ながら、その性格は正反対のようだ。よく知られるCelticのカトリックに対してRangersの国教会(プロテスタント)の宗教的対比もさることながら、Celticファンはビジネスに重きを置き、金銭的な問題が少なく見えるのに対して、Rangersファンは低所得で、その生活は保守的、かつタバコ酒好きであることが分かる。正直こうした実感はあまり無かったのだが、両チームの対立はこうしたキーワードからも読み取れるものかと妙に納得。

|

« キリンカップ:スコットランドA代表? | トップページ | WC06:日本vsオーストラリア »

コメント

"FEVER PITCH"(邦題:ぼくのプレミアライフ)という本をちょうと読み終わったのですが、そこでもArsenalのサポの筆者がChealseaのサポを捕まえて”都会的”みたいなことを言っていたくだりがあって、「荒くれ者」みたいなイメージを持っていたのでちょっと意外でした。

そういえば自分のブログで勝手にリンク貼ってしまいましたが、よろしかったでしょうか
事後報告ですいません

投稿: 東京拘置所 | 2006年5月26日 (金) 14時14分

個人的にはフーリガンとビール腹をイメージしていたのですが、それもだいぶん昔の話のようですね。家族で安全に楽しめる今のスタジアムが望ましいことは言うまでもないことですが。

リンクもちろん歓迎です。私の方もリンクさせていただきます。

投稿: gers | 2006年5月29日 (月) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/1942999

この記事へのトラックバック一覧です: 英国クラブのファン気質:

« キリンカップ:スコットランドA代表? | トップページ | WC06:日本vsオーストラリア »