« Bundesliga: 1.FC Köln (0) - (1) Hamburger SV | トップページ | SPL: RANGERS - HEARTS »

2006年5月 3日 (水)

Bundesliga: FC Schalke 04 (3) - (1) Arminia Bielefeld

昨日に引き続き、今日5/3はBundesliga第32節の FC Schalke 04 対 Arminia Bielefeld を観戦。

ルール工業地帯で知られるノルトライン・ヴェストファーレン州(Nordrhein-Westfalen)にはドルトムントなど強豪チームが多数あるが、中でも炭鉱労働者に支えられてきた FC Schalke 04 は一度現地で見たかったチームだった。

060503s04bie00 WC2006の会場にもなっているスタジアムはゲルゼンキルヘン(Gelsenkirchen)にあるが、かつて炭坑の街として栄えたこの町は、新しい産業が立ち上がりつつあるものの、人口27万人とさほど大きくない<写真は近くのZollverein炭坑跡(世界遺産)>。

なので、今回は電車で10分程のエッセン(Essen)からアクセスした。Gelsenkirchen Hauptbahnhof(Hbf:中央駅)にたどり着けば、後は青いサポーターについて地下から出る302番の路面電車で15分程でスタジアムに到着する。

060503s04bie01060503s04bie02_1 路面電車はすぐに中心街と住宅街を抜け、柏の葉を思わせる寂しげな土地に、見た目にも近代的なスタジアム「Arena Auf Schalke」改め「VELTINS-Arena」はあった。エントランス付近に見える銀色のプレートには、寄付者の名前が刻まれている。

060503s04bie03ここVELTINS-Arenaで売られるビールはスポンサーの「VELTINS」のみ。ケルンよりもさらに皆飲みっぷりが良さそうだ。試合開始直前まで、スタジアム外で飲むのはおきまり。

060503s04bie04_1ゲートはチケットのバーコードで開き、ボディチェックが入る。スタジアムには常に手ぶらで行くように心がけているので、荷物持ちよりも早くゲートを抜けられた。

**********

060503s04bie06060503s04bie07 さて、ここに来たもう一つの理由である「プリペイドカード制度」に早速トライしてみた。

コンコースに入ったら、まずは「Knappenkarte」を購入する。値段は5,10,20,50,150ユーロ。とりあえず10ユーロ分を購入。

060503s04bie08060503s04bie09 そして売店に向かう。売店ではメニューにカードポイント(=ユーロと同額)が併記されており、注文したらカードを機械に差して緑の決済ボタンを押せば支払い完了。

060503s04bie10060503s04bie11060503s04bie12 ウインナーも美味しそうだったが、今日はSchnitzel(カツサンド)を買った。もちろんビールも。ビールはVELTINSのピルスナー500ml。ケルンよりも量が多いのはさすが。

このプリペイド制度、カード購入のところで行列が出来ているので、総体として効率的かどうかは微妙なところだが、少なくとも小銭を持たないで買い物が出来るのは便利だ。

**********

060503s04bie14 スタジアム内部は圧巻。天井に4面電光掲示板がぶらさがり、NBAのスタジアムのような感じ(行ったこと無いけど。)。傾斜がありピッチも近く、6万人規模とは思えないコンパクトな作り。ちなみに、この電光掲示板があとで大活躍する。

060503s04bie15 Jリーグと同じように、テラス式のゴール裏から順に埋まっていく。アウェイサポは檻の中で隔離されているが、メインスタンドで観戦する人も少なからずいる。まあ、みんな節度を持った大人なのでトラブルになることは無い。

今回の席はオフィシャルHP(http://www.schalke04.de/)から事前購入。一番高いメイン51ユーロと奮発したが、ゴール裏は10ユーロ程度と差があり、Jと同じような価格設定である。

060503s04bie17060503s04bie18選手入場とともにゴール裏で見事なまでの大量の青白旗が振られる。よく見るとそれぞれの旗のデザインが微妙に違っているところが素晴らしい。ゴール裏の密度も非常に高く、声もでかいでかい。

060503s04bie19選手のお出迎えは地味な鼓笛隊のみ。炭坑の男達にチアリーダーはいらない。

キックオフ前には6万人のスタジアムが完全に埋まる。

**********

060503s04bie21060503s04bie20_1前半キックオフ。注目はチームのカリスマAsamoah とドイツ代表Kevin Kuranyi だろう。Kyranyiは高いだけでなく足下のスキルもある。

シャルケはリーグ4位と今季UEFA CUP準決勝進出という結果を出しているだけあって、コンビネーションが良く、ゴールチャンスを量産。

060503s04bie23前半40分にAsamoahがヘッドで押し込んで先制。ゴールが決まると、ゴール裏にデカユニが上り始める。ゴール真裏に、コールリーダー用のやぐらが組んである。

後半、50分に同点弾を決め前がかりになったビーレフェルトに対し、シャルケは80分、88分に得点、3-1で勝利した。

日本のように、メインの住民が比較的おとなしいのに対して、ゴール裏は終始歌い続けている。ただし、ゴール裏が「シャールケ!!!」とかけると、スタジアム全体が「04(ヌール・フィーア!!!)」と返す応援は、素晴らしい一体感で大迫力だった。こういう全体を巻き込む応援はスタジアムがとても盛り上がる。

**********

060503s04bie25さて、試合中の電光掲示板、一定時間ごとに「残りあと30分、アイスクリームはいかが?」とか「ビルト紙による他会場経過」などがチャイムとともに表示され、企業広告のオンパレード。

060503s04bie26 極めつけは、ファールのたびにアニメーションとともに「14番Asamoahのファール、提供はSTADA Arzneimittel(製薬会社)でした」。最初は煩わしく思ったが、こうした多数の広告収入があるからこそ、この規模のスタジアム運営を自前で行っていけるのだろう。Jチームも学ぶことがたくさんありそうだ。

**********

Bundesliga week 32
Wed, 3 May 2006
VELTINS-Arena, Gelsenkirchen. Attendance 60,240
FC Schalke 04 - 3 (40 Asamoah, 80 Laesen, 88 Altintop)
Arminia Bielefeld - 1 (50 Küntzel)

|

« Bundesliga: 1.FC Köln (0) - (1) Hamburger SV | トップページ | SPL: RANGERS - HEARTS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/1731046

この記事へのトラックバック一覧です: Bundesliga: FC Schalke 04 (3) - (1) Arminia Bielefeld:

« Bundesliga: 1.FC Köln (0) - (1) Hamburger SV | トップページ | SPL: RANGERS - HEARTS »