« サンダーランド | トップページ | Bundesliga: 1.FC Köln (0) - (1) Hamburger SV »

2006年4月22日 (土)

SPL: EDINBURGH DERBY

4/22(Sat) HIBERNIAN 2 - 1 HEARTS of MIDLOTHIAN

今日は注目のエジンバラダービー。エジンバラに滞在中に一度は見てみたいと思っていたところ、幸運にもチケが入手できた。やはり、こまめにクラブのHPを確認するに限る。

HibernianとHeartsは、SPLではOld Firm2チームには及ばないものの、常に上位に顔を出す強豪。特にHeartsはリトアニア人オーナーによる積極的な補強で、Old Firm2強支配体制を崩し、ヨーロッパの舞台を目指そうとしている。実際、今季はCL出場圏内の2位に付けており、今のところ結果を出している。

したがって、現在3位のRangersファンとしては、今日はなんとしてもHibsに勝ってもらいたいところ。

**********

060422hibshmfc001さて、HibernianのホームEaster Roadへは、アクセスが便利なのと、キャパも適度で、感じの良いスタジアムなので、今日で3回目の訪問。

エジンバラ駅からも徒歩20分程度。駅からLeithの海に向かう坂を下り、大きなロータリーで右折してLondon Rd.(右写真)をひたすら直進。左手に見える教会の先を左折。ここら辺に来ると、緑のHibsサポがたくさんいるので、後について行けば問題ない。

060422hibshmfc01

左折すると商店街に入る。試合開始間近だったので、時間的にHeartsサポの一群に紛れ込んでしまった。

まもなく、青い看板が目に入る。アウェイサポはここで、右折。ホームは直進。まあ、結局どちらからでも問題なく行ける。

060422hibshmfc02

060422hibshmfc03

面白そうなので、Heartsサポについて行くと、みんな手作りのシルバーウェアを持っている。

4/2のScottish Cup semi-finalでHibsを4-0で下したので、その当てつけらしい。「俺たちはカップを取るぞ」、と。

**********

060422hibshmfc04

スタジアムのチケットオフィス。電話予約の場合はここの窓から引き取る。

ダービーやOid Firmとの対戦以外なら、まず間違いなく当日券も買える。

**********

060422hibshmfc05East Standはここのターンスタイルから入る。

試合開始5分前なのにこんな状態。スタジアム外でのんびりと飲んだりしている人が多い。この国では出足が遅いのが当たり前。

**********

060422hibshmfc06East Standからの眺め。日本で言うバックスタンドに当たる。

たいていのクラブで、熱心な観戦者≒シーチケ保持者が多くいるメインとバックの方が、ゴール裏よりも熱いのが特徴。ここもその一角。ゴール裏は座っているのに、ここでは試合中立ちっぱなしでした。値段は£22。

**********

060422hibshmfc07 ちなみにゴール裏(Famous Five Stand)。

Easter Roadでの観戦なら、エジンバラの名勝Arthur's Seat(街はずれの丘陵)が見えるので、こっちがベストポジション。値段は£25。

**********

060422hibshmfc08 注目は10番Derek Riordan(スコットランド代表)。

スピードがあり、ガンガン前に行く、とにかくゴールに向かっていくタイプのFW。ボールコントロールもうまい。金髪モヒカンなのですぐに分かる。

**********

前半開始。ダービーのため、激しい削り合いでしばらくはボールが落ち着かない。

060422hibshmfc0914分、そのRiordanが、右からのクロスのこぼれ球を、ゴールエリア内から、冷静にわずかな隙間を通してゴール。奴はゴール前でのボールコントロールが本当にうまい。Hibs1-0Hearts。

しかしながら、ロスタイムにHibsのDFとキーパーの連携ミスで、キーパーが取り損なったボールを、Heartsのチェコ人ストライカーBednarが決める。

となりのおっさんが、「Cup semi-final でも、あのキーパーは同じ事を2回やった!」と怒り心頭。

Hibsサポ前で喜びを爆発させるHeartsの選手たち。選手に向けてマッチデイ・プログラムが数冊投げ込まれる。Hibs1-1Heartsで前半終了。

**********

060422hibshmfc10後半開始。

Heartsは、中盤でボールを支配しようとする。70分には、マルセイユからレンタル中のチェコ代表MF Skacelも入るが、Hibsの激しいプレッシャーで、長くボールを持つことは出来ない。

ただし、Heartsは、サイドからHibsよりもずっと精度の高いクロスを入れることができるので、得点の機会は多く作れる。

一方のHibsは、1対1では激しい当たりで負けてないものの、ボールを奪ってから前に大きくけり出してサイドに張る2人のFWに任せるだけで、チャンスはなかなか作れない。この辺の攻撃のクオリティの差が、Heartsの補強の結果だろう。

そんな中、78分、Hibsは、右サイドの攻防からパスをうけた途中交代のBenjellounがゴールエリア外から右足を振り抜き貴重な勝ち越し弾。

060422hibshmfc11

060422hibshmfc12

ゴール裏から興奮したファンがピッチになだれ込む。隣のおっさんに抱きつかれて、写真はピンぼけ。

ロスタイム3分をなんとかしのぎ、そのまま2-1で試合終了。結局、今季のエジンバラダービーは、お互いがホームゲームを制し、2勝2敗のイーブン。

**********

ダービーのため、この試合は、いつにも増して激しいプレイの応酬だった。体をすくい上げるような激しいスライディング・タックルは、ここでは何よりも好まれるが、体が宙で一回転するようなこともしばしば。

ただし、タックルされた方も、何もなかったかのように起き上がり、すぐにプレイに戻る。この激しさと直線的でスピーディーなプレイがスコットランド・サッカーの醍醐味だと改めて実感した。

主審のジャッジも安定し、不当に試合の流れを止めることもなくストレスを感じさせないのも、また重要な要素か。

**********

060422hibshmfc13試合が終わったら、あまり勝利の余韻には浸らずに、みんなとっととスタジアムを出る。ただし、ダービーの勝利でみんな上機嫌。

ゲートの向こうには、Leithの海が見える。海までは、スタジアムの中までカモメが飛んでくる位の近さ。やっぱり、良いスタジアムだ。

今日は、Heartsに勝ち点を与えなかったHibsに、Rangersファンとして感謝!ただし、明日のRangersはOld Firm(ダービー)。今の状態で、果たしてCelticに勝てるのか?

**********

The Bank of Scotland Premier League
Saturday, 22 April 2006
Easter Road, Edinburgh. Attendance: 16,654

HIBERNIAN 2 (Riordan 16, Benjelloun 78)
HEARTS of MIDLOTHIAN 1 (Bednar 45)

|

« サンダーランド | トップページ | Bundesliga: 1.FC Köln (0) - (1) Hamburger SV »

コメント

Old Firmはドローでしたね
茸選手が出場してからのハイライトのみしかみてませんが

エジンバラのダービーも熱いですね
知らないオヤジに抱きつかれたというくだりは笑ってしまいましたw
「主審のジャッジも安定」というくだりに羨ましさを覚えてしまったのは、まあタイミングがタイミングですからね。。。
ダービーといえば週末にはさいたまダービーです
未だにあんまりダービー感はないのですが、連敗は許されないのでしっかりサポートしてきます

投稿: 東京拘置所 | 2006年4月25日 (火) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37589/1507411

この記事へのトラックバック一覧です: SPL: EDINBURGH DERBY:

« サンダーランド | トップページ | Bundesliga: 1.FC Köln (0) - (1) Hamburger SV »