1行紹介

英国在住浦和サポ、 Rangersのシーズンチケットホルダー

自己紹介文

浦和の快進撃をこの目で目撃できないストレスを、こちらのフットボールで解消中。ワンシーズン同じクラブを見続けることで何か得るものがあると思い、Rangersのシーチケを購入した。

Rangersの初観戦は、1997年のEuropean Cup(当時)。この原体験によって地元クラブをサポートすることの喜びを知り、帰国してから浦和の本格的サポートを始める。

シーチケホルダーとしてRangersをリスペクトしているが、クラブはあくまで地元ファンのためのものだと考える。だから、自分が心の底から熱くなってサポートできるのは「浦和」以外にはあり得ない。

海外に来て思うのは、その長くない歴史にもかかわらず、浦和のサポートは世界のどのクラブのものと比較しても全く遜色ないものだということ。

今後我々に必要なのは、ひとつずつタイトルを積み上げること、そして、今のサポートを次の世代につなげ、地道に歴史を築いていくことだろう。

このページは、浦和のアジア進出、そして世界制覇を全面的に応援します。

※現在はロンドンに転勤したためEngland情報が多くなりますが、Rangers(Scotland)も出来るだけフォローします。